IMG_20211106_132115.jpg

一般社団法人 パクチーアカデミー協会とは

.

​渡邉泰雄
​藤原道弘

理事長

​横浜薬科大学 総合健康メディカルセンター長

副理事長

福岡大学名誉教授

​未来健康科学研究所

​飯塚徹
​永沼勝之

横浜薬科大学

​薬学部漢方学科生薬・薬用資源学研究室准教授

ハイアットリージェンシー東京

​取締役総料理長

​武田厚司

静岡県立大学 

​大学院薬学研究院統合生理分野 教授

館川晴夫
​西原宏夫

監事

平野巧

平野会計グループ

​代表取締役

かっこいいパクチー.jpg

 世界中で食材として取り扱われているパクチー。

中国では香菜(シャンツァイ)と呼ばれ、果実や葉を乾燥したものはコリアンダーといい香辛料として、薬用にも用いられます。

 その独特な風味にもかかわらず、殊に近年我国においては、エスニックブームの流れも受けて特に女性の間でファンも多く、専門店も増えてきています。野菜としてだけでなく食品会社からは各種のパクチー製品も市販されるようになりました。

 食材として定着してきたパクチーですが、その生理活性に関して、科学的な論文が世界中で発表されている事も事実です。

    これまでの研究では、ヒ素・シアンなどの毒性を有する重金属の排泄作用や抗炎症作用などがあり、幅広い活性を有する事が示唆されています。解毒作用を「デトックス」という言葉として捉えている向きもあり、さらに科学的な追及が必要です。

 このような情勢の中で発足した一般社団法人パクチーアカデミー協会は、「成分、効能、生産、文化」の四本の柱を中心に幅広く研究を行い、成果を発表する学術会議を開催するなど、パクチーに特化した情報を共有し広報活動を行います。協会主催の学術会議では、安全安心のパクチーの生理機能を追及したり、栽培や普及化のアイデアを提供して、これらを用いた製品化の推進を支援します。

 パクチーが健康長寿に役立つ食材として定着すれば、新たなる食文化の誕生も期待されます。

 

さらなる可能性を秘めたパクチーの研究と情報発信を目的に、当協会は活動を行って参ります。

設立

2016年(平成28年)12月14日

理事

​渡邉泰雄

理事長

​横浜薬科大学

総合健康メディカルセンター代表

​藤原道弘
​飯塚徹
​武田厚司

副理事長

福岡大学名誉教授

​未来健康科学研究所 代表理事

静岡県立大学 大学院

薬学研究院統合生理分野 教授

事務局長

横浜薬科大学 薬学部​ 

漢方薬学科/生薬学研究室 教授

出雲信夫
​永沼勝之
​洪志駿

ハイアットリージェンシー東京

​取締役 総料理長

横浜薬科大学 薬学部

臨床薬学科/薬物治療学研究室 教授

株式会社メドガイア日本

代表取締役

監事

平野巧

平野会計グループ

​代表取締役